立川の弁護士に法律相談なら当法律事務所へ

法律コラム 弁護士竹村淳が様々な観点から不定期で掲載する法律コラムです。
ホーム契約書作成・リーガルチェック > マイナンバー管理における顧問契約書の注意点契約書 > マイナンバー管理における顧問契約書の注意点

マイナンバー管理における顧問契約書の注意点

マイナンバーを扱う業務の一部を税理士さん、社労士さんにお任せしている企業または個人事業主の方は多いのではないでしょうか??

しかし、その税理士さん、社労士さんとの顧問契約書はマイナンバーに対応していますか??

いわゆる「マイナンバーガイドライン」によると、「委託契約の締結については、契約内容として、秘密保持義務、事業所内 からの特定個人情報の持出しの禁止、特定個人情報の目的外利用の禁止、 再委託における条件、漏えい事案等が発生した場合の委託先の責任、委託契約終了後の特定個人情報の返却又は廃棄、従業者に対する監督・教育、契約内容の遵守状況について報告を求める規定等を盛り込まなければならない」とされています(同ガイドライン19頁以下)。

顧問契約書を見直して「おや?」と思ったら、税理士さん、社労士さんに対応を求めましょう。

ちなみに、このような顧問契約書のチェック(マイナンバー対応)も、承っております。

Last Updated on 2023年8月29日 by takemura_jun